投稿者「あんみ」のアーカイブ

シズカゲルはそばかすのケアにもオススメ?⇒検証してみました

美白効果が期待できるオールインワンとして人気のシズカゲル

ニューヨークでエステサロンを経営するシズカ・バーンスティーンさんにより開発されたということで、世界レベルの美白ケアができると話題になっているようです。

そんなシズカゲルですが、そばかすにも効果が期待できるのでしょうか

その辺りに、少し踏み込んでみようと思います。

 

そばかすと普通のシミは違うの?

そばかすには2種類あり、1つは遺伝的な要因のもの、もう1つは後天的なもの、つまり紫外線などが原因のいわゆるシミと同様の経過を辿って発症するものです。

このうち、遺伝的なものは美白化粧品を使っても解決できないといえます

また遺伝的なそばかすは思春期の頃目立ち、大人になるにつれて薄くなっていくことがほとんどです。

なので、大人になっても目立っているそばかすは、紫外線などの影響によるものと考えても良いでしょう


大人のそばかすは、通常のシミと原因が共通する部分があります。

その為、美白作用を持つシズカゲルにも、その効果が期待できるといえます。

 

 

シズカゲル┃そばかすケアにおける強みは?

シズカゲルは、3つの信頼できる美白成分を配合しています。

1つずつ、確認していきましょう。

Ⅰ.フラバンジェノール

この成分は、フランスの海岸に生息するから抽出されたものです。

紫外線が非常に強い地域なため、それに抗するポリフェノールを豊富に含んでいます。

紫外線を浴びると活性酸素が生まれ、それがメラニン色素の生成を促すといわれています。

このポリフェノールには、この活性酸素に抗する力が非常に強いという特徴があるため、「メラニン色素の生成を食い止める効果が期待できる」という事です。

 

Ⅱ.アルブチン

アルブチンはメジャーな美白成分で、厚生労働省からもその効能が認められています。

「美白」を謳う多くのコスメに配合されているので、安心して使うことができます。

 

Ⅲ.ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの形状を保ったまま肌に浸透させることができるよう加工されたものです。

ビタミンCにはメラニン生成を抑制する作用がある他、既に沈着したメラニンを還元する、つまり薄くする作用があります

 


シズカゲルの成分を見てみると、これからできるシミの予防から、既にできてしまったシミのケアまでができることがわかります。

ということは、後天的にできたそばかすにも、同様の効果が期待できるといえるのではないでしょうか。

シミ、そばかすに悩まれている方は、よければ検討されてみてください。

 

【その他の記事】

シズカゲルはほうれい線もケアできる?調べてみました。

シミだけでなく、シワや毛穴トラブルもケアしてくれるというシズカゲル

頑固なシワの1つである、ほうれい線をケアする効果にも期待できるのでしょうか。

ここではシズカゲルの成分をチェックしながら、ほうれい線にへの有効性についてまとめてみました

 

 

ほうれい線の原因を整理

ほうれい線ができる原因は、言ってしまえば肌のたるみです。

肌が水分や弾力を失ったことで垂れ下がり、シワとなって現れます。

この原因から何をすべきかを考えると・・・

  • 乾燥を防ぐ
  • 肌の弾力成分を補う

この2つがポイントになってきます。

 

原因を踏まえて、シズカゲルに期待できる効果を確認

安定感のある保湿成分

シズカゲルには、セラミドスクワランといった保湿成分が配合されています。

どちらも保湿力を売りにしている化粧品によく配合されている成分なので、安定感のある高い保湿力が期待できるといえるでしょう。

 

弾力維持:注目のアンチエイジング成分配合

そして注目したいのは、「肌の弾力向上が期待できる成分も配合されている」という事です。

例えば・・・

  • シズカゲルの成分の顔:フラバンジェノール

フラバンジェノールには、コラーゲンを破壊するコラゲナーゼという物質を抑制する働きがあります。

そしてもう1つ、コラーゲンそのものの生成を促す働きがあります

さらに言うと、紫外線を浴びることでシワの原因となる活性酸素が作られるのですが、フラバンジェノールはこの活性酸素に抗する力がビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍と言われるほど強いため、シワ予防においてはかなりの効果が期待できます

※さすが筆頭成分と言うだけあって、かなり頼もしいです。
(フラバンジェノールの原材料は松です)

他にも、同じコラーゲンの生成を促す作用のあるビタミンCや、活性酸素に抗する作用があるビタミンEなども配合されています。

 


このように、ほうれい線の原因とされる乾燥や弾力に対して、シズカゲルは多角的にアプローチをすることができます

基礎化粧品をシリーズで揃え、ライン使いなどの手厚いケアをするのも良いですが、

  • シミ・ほうれい線(シワ)・毛穴・肌荒れなどをトータル的にケアしたい。
  • スキンケアはしっかり行いたいけど、時短したい。でも質は落としたくない。

という方は、シズカゲルを検討されてみてはいかがでしょうか。


※下記の記事で、効果的な使い方についてまとめています。

興味がある方は、のぞいてみてください。

シズカゲルで肝斑ケア:期待できる効果は?

「オールインワンで美白ケアができる」と話題のシズカゲル

妊娠や出産にあわせてみられる、肝斑(かんぱん)にも効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、「紫外線によるものよりも頑固」といわれる肝斑に対してのシズカゲルの有効性についてまとめてみました。

 

 

シズカゲルの肝斑に期待できる効果

肝斑の原因は、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの影響と考えられています。

プロゲステロンは、妊娠に伴い分泌量が増え、シミの原因となるメラニン色素の生成を促す作用があります。

これが「肝斑は妊娠中や産後にできやすい」と言われる理由です。

以上のように、肝斑の主な原因はホルモンバランスの崩れにあるので、シズカゲルを使ったところで根本的な解決が難しいのが現実です

 

 

妊娠中からシズカゲルを使うメリットはある

実は、肝斑という診断を受けた方の中に、「実は薄いシミがいくつもあっただけだった」、「肝斑とシミが一緒にできていた」という方は大勢いらっしゃいます。

先ほどのプロゲステロンというホルモンは、肌の乾燥を促すことでバリア機能を低下させ、紫外線による刺激も受けやすくしてしまうという作用があります

なので、妊娠中は肝斑ができやすいだけでなく、通常のシミもできやすいということになるんですね。

そのためシズカゲルなどの化粧品による美白ケアは無意味ではなく、むしろシミを悪化させないためには大切なケアの1つということになります。

 

また肝斑の原因はホルモンによる影響ですが、紫外線などの刺激が悪化や発症のきっかけになることもあるとされています

つまり・・・

「シズカゲルでは肝斑の根本的か解決は難しいが、まだ出てきていなかったり、初期段階のものであれば、食い止めることに貢献してくれる」

ということなんです。


妊娠中から「シミができやすい体質になるんだ」という事を意識して、美白ケアに取り組むことが、産後も変わらず綺麗な肌を保つための秘訣でもあるんですね。

 

まとめ

妊娠や出産に伴うシミは、通常のものと肝斑が一緒にできていることが多いです。

肝斑の治療は通院が必要なものばかりなので、妊娠中や育児中のお母さんの場合、中々時間が作れないというのが本音ですよね?

なので、

  • まずは通常の美白ケアを実施して、少しでもシミができないように努める。
  • そのあと肝斑が残っているようであれば、少し育児が落ち着いたタイミングで治療を開始する

という方法が良いのではないでしょうか。


全てを一緒に解決しようおすると、どうしてもイライラしてしまうと思います。

何を一番にすべきかを考えて、落ち着いてシミのケアをしていくのが良いのではないでしょうか。

 

【シズカゲルの気になる情報をまとめました】

シズカゲルは効果なし?考えられる原因はこちら

美白効果が売りのオールインワン、シズカゲル

楽天のコスメランキング1位に輝くなど、人気を集めているようです。

しかし、万人が100%満足する化粧品というものはないので、少なからず「効果なし」という口コミも残されています。

ここでは、ズカゲルを使っても効果が実感できなかった原因を、3つに分けてまとめてみました

 

 

Ⅰ.使用期間の問題

これはよく言われることですが、肌にはターンオーバーというものがあり、古い角質が剥がれ新しい細胞が生まれるというサイクルを繰り返しています。

この周期は20代で28日周期、30代では約40日、40代になると約2ヶ月ほどかかるといわれています。

つまり、「どんなに高品質な化粧品を使っても、この期間を経過しなければ明らかな変化は見られない」ということなんです。

乾燥や肌が少し荒れてキメが乱れているくらいであれば、しっかりと保湿してあげることで早めの変化も期待できます。

しかし、シズカゲルがメインのターゲットにしているシミに関しては、ターンオーバーの周期を何度も経ることで、少しずつケアされていくという認識でいることが大切です。

※海外製の美白化粧品などは、無理やり角質を剥がしてシミをとるものもありますが、日本製のものは安全面にも配慮されているので、少しずつシミが薄くなっていくことがほとんどです。

 

 

Ⅱ.使い方の問題

使用量を守らなかったり、朝と夜の2回使うのが基本にも関わらず、朝しか使わなかったりする場合も、効果を期待するのは難しいでしょう。

オールインワンだけでは物足りなかったり、時短ができるということで、

朝はシズカゲル、夜はライン使い

という使い方をしている方もいらっしゃると思いますが、それでは従来の保湿ケアとほとんど変わりません。

シズカゲルには美白成分が配合されているので、しっかりと1日2回肌に補ってあげることが大切になります。

※不足分は、化粧水などを併用して補うのがオススメ。

 

また、肌をこするような塗り方をしている方も、結果的に角質層にダメージを与え、摩擦による新たな黒ずみ、シミなどを生んでしまうことも考えられます

※目安量をしっかりと守り、優しく塗ることが大切です。

 

 

Ⅲ.シズカゲルしか使っていない

シズカゲルは薬品ではなく、あくまで化粧品です。

シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える作用が主で、シミを消す作用はありません。

つまり・・・

メラニン色素の生成を抑制することで新たなシミを予防しつつ、今あるシミはターンオーバーで自然に排除されていく

ということになります。

なので、スキンケア以上に紫外線を浴びていたり肌にダメージを与えてしまっている場合は、シミが薄くなるところか悪化してしまうことも考えられます

 


以上のように、

  • 使用期間が足りていない
  • きちんと使えていない
  • シズカゲル以外には何もしていない

このような場合に、「効果なし」となってしまう可能性が高いです。

悪い口コミを残されている方も、「使用してまだ1週間」といったような内容のものがほとんど

表面的な情報に惑わされず、シズカゲルの本当の効果に目を向けることが大切です。


中には本当に「効かない」という方もいらっしゃると思いますが、多くは使い方や期間の問題で解決されるはずです。

シズカゲルの使い方については、こちらで詳細にまとめています。

よければ参考にしてください。

シズカゲルはニキビのケアもできるの?検証しました。

美白ケアが特徴のシズカゲルですが、「肌荒れのケアもできる」という事を謳っています。

ニキビも肌荒れの1つといえますが、効果が期待できるのでしょうか?

ここでは、シズカゲルのニキビへの効果についてまとめてみました

 

 

成分を見る限り、ニキビにもアプローチは可能

シズカゲルの成分を見ると、カンゾウフラボノイドという成分が配合されています。

この成分は、「甘草(かんぞう)」と言われる植物の根から抽出されたもので、グリチルリチン酸という成分を含んでいます。

そしてこのグリチルリチン酸は、実はニキビケア専用の化粧品にもよく配合されているんです

作用としては肌の炎症を抑制する効果に長けているので、ニキビによる炎症を抑えることに貢献してくれます。

 

またシズカゲルには、角質層になじみやすいセラミドが配合されています。

セラミドは最強の保湿成分とも言われていて、肌に潤いを与えてくれます。

肌の乾燥は皮脂の過剰な分泌を招き、皮脂が大量に出れば、それだけニキビもできやすくなります。

つまりシズカゲルを使うことは、ニキビの予防にもつながる

ということです。


シズカゲルの成分を見る限り、「できてしまったニキビの鎮静化から、新たにできることの予防まで、幅広くアプローチすることができる」といえるでしょう。

 

 

シズカゲルをニキビに使った方の口コミ

実際に、「シズカゲルでニキビの炎症が治まった」という声も残されています。


ストレスからか生活リズムの乱れからかはわかりませんが、定期的にできるニキビに悩んでいました。
家事や育児が忙しいこともあり、久しぶりにオールインワンをお試しです。
最初に感じた変化は、以前からあった赤ニキビがきれいになったこと
使用感もベタつきなどはなく、これを塗ると皮脂の量が減る気がします。
ニキビが治まったのも、そのおかげかもしれませんね。
日に日にスベスベの肌になているので、継続するのが楽しみです。


シズカゲルは美白化粧品でありながら、実際にニキビへの効果を実感されている方もいらっしゃいます。

ニキビケアだけを行いたい方には物足りないかもしれませんが、「美白もシワもニキビも・・・」と一緒にケアしたい方には、シズカゲルはオススメと言えます。

よければ検討してみて下さい。

 


より効果的なシズカゲルの使い方について、こちらでまとめています。

シズカゲルの使い方について:基本とお勧めできない方法

オールインワンゲルとして話題のシズカゲル

美白ケアからエイジングケアまで賄えるということで、気になっている方も多いと思います。

せっかく高品質な美白化粧品でシミをケアするなら、効果が一番期待できる使い方をしたいですよね?

そこでここでは、シズカゲルの使い方についてまとめてみました

効果が半減してしまうかもしれない注意点などもまとめていますので、よければ参考にしてください。

 

まずは基本的な使い方を確認してみましょう!

Ⅰ.手にシズカゲルを出す

シズカゲルの1回の使用量は、4㎝になります。
少しイメージしにくい長さですが、容器の後ろにメモリがついているので、迷うことはないかと思います。

 

Ⅱ.手の中で温めて、柔らかくする

ココが結構ポイントで、シズカゲルには体温で溶ける油性の成分が配合されています
肌の温度で柔らかくなりなじみが良くなるので、少しの間温めましょう。

 

Ⅲ.顔全体に塗り広げる

まんべんなく顔に塗り広げていきます。

 

Ⅳ.気になる部分は数回抑えたり、タッピングする

シミ、シワ、毛穴など気になる場所があれば、そこは重点的にケアしましょう。
乾燥するような場所は、重ねて塗るのもオススメです

 

Ⅴ.もう一度顔全体になじませて終了

軽く押さえながら、顔全体になじませていきましょう。

 


ここまでが、シズカゲルの基本的な使い方です。

この流れのケアを、1日2回朝と夜の洗顔後に実施していきます。

 

 

こんな使い方もオススメ

オールインワンというと、『1本だと満足できない』という方も多いかと思います。

しかし少し発想を変えると、どんなケアにも取り入れることができるという事も思いつきます。

例えばシズカゲルの口コミを見ると、

  • 日中のシャワーを浴びた後
  • 化粧直しのタイミング
  • 乾燥が気になった時にワンポイントで使う

このように、日中軽くケアしたいときに、上手に使われている方も大勢いらっしゃいます。

他にも、

  • 時間がない朝はオールインワンで済ませて、夜はしっかりケア
  • この時期は乾燥が少ないから、化粧水とシズカゲルだけでスキンケアを済まそう

という感じで、時短目的だったり、自分の肌に合わせて他の物と併用することで、満足できる保湿ケアができるというのもメリットです。

※オールインワンだけで済ませようとすると、どうしても満足できない方も出てきます。
ですが、上手に使おうという意識でいれば、これほど便利なものもないのではないでしょうか

 

 

効果半減!?オススメできない使用方法

ここでは、シズカゲルの効果を半減させてしまう可能性がある、3つの使い方を簡単にご紹介しておきます。

Ⅰ.使用量が少ない

当然ですが、多くの方はオールインワン1本か、もう1つ2つ基礎化粧品をプラスするくらいのスキンケアになるかと思います。

そうなると、どうしても濃く塗った場所と薄い場所ができてしまい、ムラがでてしまいます

ライン使いであれば、いくつも重ねて塗ることでカバーできるのですが・・・これはオールインワンの宿命かもしれませんね。

ということで、最低限の使用量は守ることをオススメします。

また物足りない場合は、部分的に二度塗りする塗り方も良いかと思います

なるべくムラが出ないように、全体に塗り広げていきましょう。

特に、目元などのくぼんでいる場所は念入りに

 

Ⅱ.手や顔が清潔でない

手や顔が汚れていては、シズカゲルを塗ったところで汚れを広げているだけになってしまいます。

洗顔はもちろん、その際に手洗いを一緒に行っておきましょう

 

Ⅲ.擦り込むように塗らない

肌は摩擦の刺激に弱く、強くこすることはシワやシミの原因になります。

なるべくハンドプレスやタッピングを用いて、成分がゆっくり浸透するのを待ちましょう。

無理に擦り込んでも、角質が吸収できる成分量には限りがあります。

肌に負担がかからないように、丁寧にケアしていきましょう。

 


以上、当たり前の事ではありますが、お勧めできない使い方でした。

 

 

シズカゲルの購入を検討している。お勧めはどこ?

シズカゲルは店舗では市販されていませんので、通販で購入することになります
※流通コストを抑えることで低価格を実現しているという事ですね。

通販サイトでは楽天やAmazonでも販売されていますが、実は公式販売元が出品しているわけではなく、いわゆる転売品であることが多いです。

しかも価格もそこまでお得とは言えません。

 

→ではどこが最安値か?

 

それは、シズカゲルの公式サイトです。

1本普通に購入する場合は、割引などはなく4980円になってしまいますが、定期コースであれば2980円と2000円引きで購入することができます。

また、

  • 中止しようと思えばいつでも解約ができる
  • 肌に合わなければ返金保証が利用できる

という安心材料もあるので、初回の方でもお試し感覚で始めることができるでしょう。

※通販の化粧品で「いつでも解約できる」というのは、結構珍しかったりもします。
だいたい縛りがあったりするので、この辺は大きいですね(*^^)v

 

 

美白ケアっていうけど、成分は何が良いの?

シズカゲルの成分を解析してみると、最新の美白成分が配合されていました。

アルブチンは厚生労働省から美白効果が認められていて、信頼できるシミケア効果が期待できます。

またビタミンCも美容にはマルチに貢献してくれるので、シミの予防から薄くする効果にも期待できます。

そして注目なのは、松が原材料のフラバンジェノールという成分です。

 

その美容パワーはビタミンCの約600倍もあるといわれていて、紫外線を浴びた時に発生する活性酸素から肌を守ってくれます。

この活性酸素はメラノサイトを刺激し、シミの原因であるメラニンの生成を促す作用があるので、フラバンジェノールを取り入れることでメラニン生成を抑制することができ、シミのケアにつながるという事です。

医学誌にも注目れされている成分と言うことで、最新の美白ケアができると言っても良いでしょう。

 

安全性は?

化粧品に絶対安全ということはないので、シズカゲルでもかぶれたりかゆみなどの肌荒れが起きる可能性もあります。

しかしアレルギーテストを実施していたり、界面活性剤や着色料・香料などの添加物も配合していないので、一定以上の安全性は確保されているといえます。

 

公式サイトのQ&Aにも、

【敏感肌の方でも使えますか?⇒低刺激処方なので大丈夫です。】

というやり取りがあるので、その辺りは問題ないと言えるでしょう。

※心配な方は、目立たない場所でパッチテストをしておくと安心です。

 

 

シズカゲルの姉妹商品:シズカホットクレイクレンジングが気になる

シズカゲルのシリーズ商品として、シズカホットクレイクレンジングが発売されました。
※言いにくいですね(^-^;

「クレイ」ということで、ミネラルを含む粘土が配合されていて、特徴としては高い吸着力により、毛穴に詰まった汚れや皮脂などを吸い出してくれる効果が期待できます。

開発元も「シズカゲルの効果をアップさせるために開発した」と公言しているので、洗顔兼クレンジングで顔を清潔にした後にシズカゲルを使用することで、より美容成分が肌に浸透しやすくなるという事が言えます。

シズカゲルを購入している方限定の割引などもあるので、興味がある方は合わせて使ってみるのはどうでしょう。

 


シズカゲルの使い方と、関連する情報についてまとめさせていただきました。

美白ケアがしたい方、シワやほうれい線が気になっている方、ニキビケアも一緒にしたいという方は、よければ参考にしてください。