シズカゲルで肝斑ケア:期待できる効果は?

「オールインワンで美白ケアができる」と話題のシズカゲル

妊娠や出産にあわせてみられる、肝斑(かんぱん)にも効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、「紫外線によるものよりも頑固」といわれる肝斑に対してのシズカゲルの有効性についてまとめてみました。

 

 

シズカゲルの肝斑に期待できる効果

肝斑の原因は、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの影響と考えられています。

プロゲステロンは、妊娠に伴い分泌量が増え、シミの原因となるメラニン色素の生成を促す作用があります。

これが「肝斑は妊娠中や産後にできやすい」と言われる理由です。

以上のように、肝斑の主な原因はホルモンバランスの崩れにあるので、シズカゲルを使ったところで根本的な解決が難しいのが現実です

 

 

妊娠中からシズカゲルを使うメリットはある

実は、肝斑という診断を受けた方の中に、「実は薄いシミがいくつもあっただけだった」、「肝斑とシミが一緒にできていた」という方は大勢いらっしゃいます。

先ほどのプロゲステロンというホルモンは、肌の乾燥を促すことでバリア機能を低下させ、紫外線による刺激も受けやすくしてしまうという作用があります

なので、妊娠中は肝斑ができやすいだけでなく、通常のシミもできやすいということになるんですね。

そのためシズカゲルなどの化粧品による美白ケアは無意味ではなく、むしろシミを悪化させないためには大切なケアの1つということになります。

 

また肝斑の原因はホルモンによる影響ですが、紫外線などの刺激が悪化や発症のきっかけになることもあるとされています

つまり・・・

「シズカゲルでは肝斑の根本的か解決は難しいが、まだ出てきていなかったり、初期段階のものであれば、食い止めることに貢献してくれる」

ということなんです。


妊娠中から「シミができやすい体質になるんだ」という事を意識して、美白ケアに取り組むことが、産後も変わらず綺麗な肌を保つための秘訣でもあるんですね。

 

まとめ

妊娠や出産に伴うシミは、通常のものと肝斑が一緒にできていることが多いです。

肝斑の治療は通院が必要なものばかりなので、妊娠中や育児中のお母さんの場合、中々時間が作れないというのが本音ですよね?

なので、

  • まずは通常の美白ケアを実施して、少しでもシミができないように努める。
  • そのあと肝斑が残っているようであれば、少し育児が落ち着いたタイミングで治療を開始する

という方法が良いのではないでしょうか。


全てを一緒に解決しようおすると、どうしてもイライラしてしまうと思います。

何を一番にすべきかを考えて、落ち着いてシミのケアをしていくのが良いのではないでしょうか。

 

【シズカゲルの気になる情報をまとめました】